只今活動中

 

議会が面白い♪只今活動中!

2019/04/21
みなさんの重い607票で当選しました!
4月14日 鳥羽市議会議員選挙告示 届出8時30分から
出陣式9時30分から漁協前広場

今日から選挙戦がスタートしました。


15日 2日目


16日 3日目 世古やすひで 選挙公報

新しい時代の鳥羽を!

◎経済の活性化が第一。
・もうかる漁業、観光、商工業へ知恵を出します。
・民間企業との連携で産業を活性化します。

◎お年寄りに寄り添う福祉をすすめます。
・となり近所の助け合い、見守り。
・地域の活動に熟年パワーを活かします。
・介護予防のボランティアにポイント制度の導入。

◎子育て支援と教育の充実に努めます。
・とばの未来を担う子育て支援に努めます。
・情報機器を活用し、特色ある教育の推進。
・鳥羽高校存続の支援。中高生の声を市政にとり入れます。

◎人生のパートナーとの出逢いを応援します。
・少子化対策として若者の出逢いを応援します。

◎議会のチェック機能を強化します。
・議員の活動を市民に伝えるため、広報活動を充実します。


17日 4日目


18日 5日目


19日 6日目


20日 選挙戦最終日


21日 投票日 開票
 みなさんの重い607票で5期目の当選をしました。
これまでの経験を活かして鳥羽市の経済の活性化に努めます。


2019/04/12
さくら満開!嘉隆さくらまつりで「祷祭会食献立再現イベント 」を開催
6日 義隆さくら祭り 10時から 三の丸広場、城山公園
 しろやま楽市、九鬼水軍太鼓の演奏、「水軍汁」のふるまい。
祷祭会食献立再現イベント
235年前の神様に捧げられたご馳走の絵図を発見
天明4年(1784年)正月6日の祷祭の宴会食事の絵図が金胎寺の庫裡から見つかりました。
絵図には17膳35種類の料理が描かれており、この絵図を見ながら料理を整えました。
今回再現した祷祭は同じ年の鳥羽藩御代参控帳に記述があることから城主の稲垣氏も招待さ
れた可能性がある料理です。

当時どんな料理が作られていたのか
三宝と呼ばれる器に盛られた料理を見てみると、干タコ松、カイズの荒布まき、アワビ、ボラ,
田作、イセエビ、さめのたれなど地元で捕れた海の幸がふんだんに使われており、当時も鳥羽
の海は豊かな恵みを与えてくれていたことがうかがえます。興味深いのは、ふつう荒布巻きは
イワシかサンマを用いますが骨の多いカイズ(クロダイの一年魚)を使っていることです。

食国としての鳥羽の食を未来へつなげる
今回の再現にあたってはボラやコノシロなど今日旅館等で提供する料理では、あまり用いない
海の幸を使い、酸味を鳥羽市の木ヤマトタチバナの果汁で付けるなど地域ならではの料理にな
るよう苦心しました。京の都や伊勢神宮に献上してきた御食国としての鳥羽の食をこれからも
引き続き、発展させていきたいと考えています。
主催
鳥羽旅館事業協同組合
鳥羽料理研究三重三料会
共催
鳥羽市
鳥羽商工会議所
鳥羽市観光協会
協力
大山祇神社
金胎寺奉賛会
鳥羽歴史文化ガイドセンター

写真@AB

7日 三重県知事選、県議会選挙投票日、開票
選挙事務所 開票速報
21時30分頃 当選確実!
おめでとうございます。鳥羽市経済の活性化のために更なるご活躍をご期待しています。


8日 議会事務局へ政務活動費の収支報告書を提出


9日 弘道小学校入学式 10時から 体育館


鳥羽志勢広域連合議会運営委員会 13時から
磯部事務所


10日 長岡中学校入学式 10時から 長中体育館


11日 鳥羽志勢広域連合議会第一回臨時会 13時から
クリーンセンター


上村旧議会事務局次長 尊父 通夜参列

2019/04/05
野村県議選候補の国崎町での個人演説会で応援演説をしました。
27日 本会議表決 10時から 本会議場
その他議案


28日 三重県知事選 鈴木英敬街頭演説 16時30分から
ハロー前駐車場 
写真@


29日 三重県議選告示 野村保夫候補 出陣式 8時30分からかもめホール


本会議表決 10時から 本会議上 日切れ法案


30日 野村保夫県議選候補個人演説会 18時から国崎公民館 応援演説をしました。
参加者 70名


4月2日 鳥羽市議会議員選挙事前審査 10時30分から 市役所総務課会議室


3日 国崎町民通夜式


4日 広報広聴委員会 10時から 第二委員会室

国崎町民 葬儀式


2019/03/26
鳥羽・伊良湖カキアサリ対決で鳥羽が勝利! 田原市
3月21日 三重県知事選告示

市会議員選挙届出書類作成


24日 鳥羽・伊良湖カキアサリ対決 田原市
9時30分 伊勢湾フェリー乗り場発
今年は鳥羽が勝利。来年は鳥羽で開催することが決定しました。
@写真 焼きガキと大アサリに長蛇の行列ができていました。


25日 アワビ稚貝コレクター回収 国崎町漁場8時から観光協会と鳥羽市が進める漁業と観光の連携事業の活動の一環。
アワビの稚貝が見つかりました。
写真A


相差保育保育所退所式 10時から 多目的ホール
11名の夢わかばが元気な声で退所式を行いました。
写真B


県議選公開討論会 13時から かもめホール


2019/03/21
はばたけ仲間とともに新たな道へ ! 弘道小学校卒業式
15日 弘道小学校卒業式 9時30分から 体育館
写真@A

「世古やすひで議会報告会」19時から 国崎町
約40名の方々に出席いただき激励の言葉を頂きました。
お忙しい中お疲れのところありがとうございました。

18日 予算決算常任委員会 10時から 第二委員会室当初予算審議3日目 振り返り

19日 予算決算常任委員会 10時から 第二委員会室当初予算審議4目 振り返り

20日 予算決算常任委員会 10時から 第二委員会室補正予算審議
終了後議会運営委員会 11時30分から

2019/03/14
あっぱれ! あっぱれ! 国からの交付金6億円が採択!
13日 予算決算常任委員会 10時から 第二委員会室当初予算審議1日目 振り返り
ビッグニュースが届いてきました。
市民文化会館大ホール閉鎖による市民体育館横へのサブアリーナ建設(総事業費9億円)と、鳥羽市水産研究所小浜町への建設(総事業費3億円)への国の交付金2分の1で6億円が採択されたことが執行部より報告がありました。
これはすごい!
 三ツ矢のりお衆議院議員のお力添えをいただいて、市長、副市長、企画財政課、農水商工課、建設課と関係者の職員が頑張ってくれました。
あっぱれ!あっぱれ!
写真@サブアリーナのイメージ

14日 予算決算常任委員会 10時から 第二委員会室
当初予算審議2日目 振り返り

野村県議県政報告会 19時から 相差女性活動センター 応援弁士で激励の言葉を送りました。

2019/03/12
おめでとう!人形劇で「小学校入学お祝い会」しらゆり会
3月10日「小学校入学お祝い会」9時半から
主催 鳥羽市母子寡婦福祉会 しらゆりの会
鳥羽市人権擁護委員会による人形劇や歌、ミニ交通安全教室、プレゼントが行われました。
しらゆり会の中世古会長は3、4年前からこの会を開きたいと要望してきましたが、今年初めて開くことができたと喜びのことばをのべました。
今回は23名が参加しました。
鳥羽市議会も皆さんを応援しています。
写真@A

11日 国崎老人会総会及び入会式 11時から国崎老人憩の家

12日 文教産業常任委員会 10時から 第二委員会室

2019/03/09
「二十四の瞳」が輝き、大空へ飛び立ちました!長岡中学校卒業式
5日 (火) 一般質問1日目 10時から 本会議場 4名


6日 (水) 一般質問2日目 10時から 本会議場 3名


7日 (木) 議案質疑 10時から 本会議場


8日 (金) 長岡中学校卒業証書授与式  9時30分から
長中体育館
12名の卒業生の「二十四の瞳」が輝き、大空へ飛び立ちました。
おめでとう!
写真@A

9日 (土) 三ツ矢のりお後援会 鳥羽ブロック春の集い 13時30分から
かもめホール
写真B

2019/03/4
「鳥羽海洋教育研究センター」を小浜町に設置を計画!三重大学
2月26日 (火) 市議会議員説明会 13時30分から 市民文化会館大会議室


27日 (水) 本会議付議案上程 10時から 本会議場


3月 1日 (金) 平成30年度第二回環境農林水産フォーラムイン鳥羽
13時から16時30分までかもめホール

 3月1日かもめホールにおいて、三重大学大学院生物資源学研究科教育研究推進センターの主催により「平成30年度第2回環境農林水産フォーラムイン鳥羽」が開催されました。
そのなかで「鳥羽海洋教育研究センター」を小浜町に設置する計画ほ発表しました。

 フォーラムの中で「答志のあらめ海中林の再生に向けて」と題して鳥羽磯部漁協答志支所の中村祐介青壮年部長が発表。その中でアラメ種苗を海底に植林する活動を開始しているが、大学など他の外部の人たちの協力をお願いしたいと話していました。
 
 また自称世界の鳥羽市水産研究所の岩尾豊紀博士が「鳥羽の海で未来を考える」と題してユニークな発表をしました。来年度より小浜町に新水産研究所を建設予定であるが、地域や現場が長年悩んできた課題に対して積極的に大学等と連携していきたいと語っていました。

 参加しての感想
@テーマがあわびやサザエ、ナマコなど海女さんが「もうけ」につながることをテーマに加えて欲しかった。
A大学は「智の銀行」であると思いました。その知識を地域の住民の生活向上や、地域課題解決のために活用していただくことを強く願っています。
B「鳥羽海洋教育研究センター」は何が何でも小浜町に設立していただいて、鳥羽市も積極的に連携を図っていくべきであると痛切に感じました。

写真@A



2019/02/25
五穀豊穣と町民の安泰を祈る祈年祭が執り行なわれました!
19日 国崎老人会昼食会 11時から シーサイドホテル


22日 議会運営委員会 10時から 第二委員会室


24日 国崎町祷祭(とうさい) 10時から 海士潜女神社

祈年祭 11時から

 今年の五穀豊穣と町民の安泰を祈る祈年祭が行われました。
この祭典は日本人は古来、春のはじめになると神様は郷に降りられ、秋の収穫が終わるとともに山に帰られるとの信仰から、農作業が始まるとともに行われものです。
 秋に豊作を感謝する祭り「新嘗祭(にいなめさい)」とともに大事な祭の一つで、米の豊作を願っても籾種が神前に備えられます。
 浦野亜子禰宜による八雲琴の奉納がありました。素晴らしい音色が境内に響き渡り潜女神に届けられました。ありがとうございました。

写真@祷祭の虫除けの儀
A八雲琴の奉納がありました。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- Topics Board -