只今活動中

 

議会が面白い♪只今活動中!

2018/08/05
「発想の転換でピンチをチャンスに!」飛騨市長視察
文教産業常任会視察報告その2

飛騨市
都竹 淳也(つづく じゅんや)市長は「元気」「あんき」「誇り」この3つを重点項目にして政策を進めています。市長のユニークな話を聞いて、従来の発想の転換をしなければならないと痛感しました。

@「人口は減るもんです歯止めはかけられない。」
飛騨市は人口減少先進地である。これからの時代のモデルを作れる最先端の町である。

A「まず現場で何が起こっているのかを知る。」
PD CAサイクルではなく政策立案は常々次のことを考えている。
・仮説を立てる
・実行する
・検証する
・改善し仕組み化をする
行政の政策は毎日日々変化している。総合計画を実行すると言う公約は4年間何もやらないと言うことと同じ。 そうしないとみんなの意識が変わらない。

B「現場からモデルを作る」
昨年の4月に移動販売の車に半日乗って体験をした。まず30mおきに車が止まる。なぜかそれは高齢者が50mも100mも歩いて来れないから。それに対してガソリン代とタイヤの消耗の補助を補助金を出すようにした。
 そして関連して高齢者は足が悪いと言うことで公共施設を洋式トイレに変えた。
また高齢者は重いものが買えないので、地元のホームセンターと宅配便業者とコラボして宅配便代1,000円に対して市が半額の500円を補助する政策などの買い物弱者を支援。
それにともない配食サービス配食支援サービスや語らいの場「よ〜らんカフェ」へと拡がっています。
その根本には「現場からモデルを作る」という考え方がある。

C「地域を元気にするには人の力がいる。関係人口(観光客以上移住者未満)を増やす。」
・飛騨市ファンクラブの取り組み
そのために楽天Edyを活用した「飛騨市フアンクラブ」を設置。現在会員は2,300人。
・ 会員には会員証と本人氏名入りの名刺1人100枚をプレゼント。
・名刺は飛騨市のPRのために知り合い等に配布してもらう。
・会員は会員証会員以外は名刺を持参して飛騨市へ来ると市内協力店舗でちょっとしたサービスが受けられる。
・楽天との連携は、楽天Edyを利用した場合、利用額の0.1%を楽天Edy(株)から飛騨市へ寄付(企業版ふるさと納税)
・会員に対し市と楽天が連携したお得な情報を提供する。
・全国の初の取り組みで多数のメディアに取り上げられ飛騨市の認知度が向上。

D飛騨首長連合で「飛騨の国」構想がある。他市の資源をパンフレットに載せ、互いに資源を共有する。「飛騨市の個人市民税を上げることが大事。高山市の会社に働きに行っている人が儲かってもらわなければならない。」

E新作アニメ「君の名は。」の取り組みについて
「君の名は。」の7月7日の試写会を見て飛騨古川が舞台になっていることを知る。8月26日の映画公開までや公開後に様々な取り組みを始めた。
映画に出てくる場面の聖地巡礼探しが始まっているがここですと一切宣伝をしないようにした。
 古線橋の写真が撮りやすいように踏み台を置いたり、図書館の中が聖地になっているので撮影許可証を発行した事がSNSで「神対応」と流れた。
 撮った写真は#をつけて必ずSNSで流してくださいと要請をした。
 路線廃止により外されたバス停の標識を下に戻した。
 また地元で映画会を開催1日3回を行った。
 現在は伊賀市の組紐の体験を飛騨市で行って自治体交流も始めている。様々な取り組みが新聞雑誌メディアで無料で情報発信。

F「市長は毎日、誰と話ってどんな話をしているのFacebookやTwitter、LINEで毎日情報発信している。」そのことにより、市が何をやっているのかがよくわかると市民が評価。直に連絡が来る場合もあり、面白い取り組みがすごくある。新たなアイデアが湧いてくる。

G「池田町の学校を飛騨市の飛び地だと思えば良い。」
介護人材の育成のため市外の池田町にある「サンビレッジ国際医療福祉専門学校」に行っている学生に奨学金を出しています。帰ってきたら返さなくて良い。締結式の時に「この専門学校は飛騨市立の学校です」と挨拶。

H「議会の決算報告書を大改訂」しました。
各事業でうまくいかなかった課題と理由を書き次にどう対応するか。失敗してどうリカバリーして改善するかが大事である。全部成功する事はありえない。うまくいったかいかなかったかはその事業をやった職員が1番わかっている。その場その場で日々のやった直後に反省して次の対策を考える。

所感
都竹市長の話を聞いて「発想の転換をすることによりピンチをチャンスに変えることができる」このことを学びました。鳥羽市にとっても様々な取り組みに参考になることが多くあると思います。出来る事を考えひとつづつ取り入れるように執行部と情報共有していきたいと思います。

2018/08/03
鳥羽のインバウンドの伸びしろが充分ある。市民や民間事業者、商工会議所、観光協会が行政と共に経済の活性化を!
文教産業常任委員会視察報告その1 高山市 

◎海外戦略部 部長 丸山永二氏の概要説明
・平成17年に合併し日本一広い「市」になった。東京からは新幹線も使って4時間半、大阪からも3時間半かかる。遠いところです。
・人口は現在88,566人で平成21年より13年間で8,000人の減少になっている。
・高山市の観光客数の実態と鳥羽市との比較
観光客入数込 460.3 万人(平成29年) 鳥羽市428.4万人(平成29年)
※内外国人観光客宿泊者数51.3 万人 鳥羽市 5.12万人
観光消費額940億円 鳥羽市推定消費額は725億円
高山市 経済波及効果1,994億円

◎国際観光に向けた国の動き
平成28年には訪日外国人旅行者数が2,000万人を突破し平成32年に4,000万人とする目標が決定されている。
・観光の名目GDPは、約24兆円(シェア約5%)これは建設業の規模に相当する。
・旅行消費額に占めるインバウンドの割合は約10%で、フランスの約34%、韓国の約47%に比べてまだまだインバウンドの伸びしろはあると考えている。

◎高山市の様々な取り組みを聞いて鳥羽市で今後の取り組みは次のように考えていかなければならない。

@受け入れ体制の整備
・無料公衆無線LAN Wi-Fiの整備を充実させる。
・誘導案内看板(多言語併記)の整備をする。
・外国人観光客に対する不安や戸惑いを取り除くため、「外国人観光客受入マニュアル」を作成し市内の宿泊、飲食関係事業者に研修を実施することが先決である。
・市の観光案内所に英語だけでなく中国語など複数の言語を話せる人を雇うことが必要。
・外国人が離島や石神さん、焼きガキ屋へ行くのにどうやって行けば良いか分からない。かもめバスや定期船の時刻表、案内のパンフレットを外国人用の情報源として多言語での作成が必要。
・多言語の外国語パンフレットや散策マップ等の作成
・市内を多言語で通訳できる有料案内士を養成する。

A海外へのPR活動と誘客
・市の観光案内や観光協会のホームページを多言語化する。
・鳥羽市のインバウンドのターゲットはアジア地域の台湾、香港、中国、タイに絞って進めた方がいい。
・鳥羽市も観光庁やJNTO、海外等に駐在員として様々な情報収集や人的交流を図ることを目的に職員派遣(東京派遣復活)することが重要であると痛感した。高山は7名派遣中。
・昇龍道つながりで高山の山、鳥羽の海との観光交流をもっと進めるべきではないか。
・交通網の整備も課題として存在している。例えば名古屋から鳥羽へ来るために、JRのフリーパスを近鉄も使えるようにする取り組みも必要である。

◎最後に丸山氏が語っていたことが、印象的でした。
高山市海外戦略課職員が共有していること
・先人たちの取り組みがあり今がある。未来のためにできることを全力で。
・民間事業者との連携が必須。最前線に立って一緒に動く(汗をかく)行政は黒子と思っている。
・ニーズやトレンドを把握し時代の変化に即応。後世に伝えるべきものは守る。
・広域的な取り組みが必要。他の自治体とは、競争かつ「共創」の姿勢で。
・困っている観光客がいたら、私が理想とするまち
「May I help you?」と、誰もが言えるまち
「May I help you?」と、言わなくてもいいまち

◎ 鳥羽市はまだまだインバウンドの取り組みは弱かったが、今後の伸びしろが充分あると考える。市民や民間事業者、商工会議所、観光協会が行政と共に様々な事業を展開し、経済の活性化を実現できるように共に活動をしていきたい。
2018/08/01
全国高校総体への開会式出席のため来県している皇太子殿下奉迎  鳥羽国際ホテル
27日 鳥羽港まつり花火大会 20時から遊覧船で観覧


28日 金刀比羅宮例大祭 11時から
金刀比羅宮鳥羽分社


台風12号夜0時ごろ国崎町付近を通過 急速に風が強くなった。
翌日パールロードへの登り口(善よみやの田のあたり)付近で杉の木が折れ電柱にかかっているものがある。市役所へ連絡する.

31日 広報広聴委員会 13時30分から 第二委員会室
8月10日の議会開放デーついて打ち合わせ


建設課、農水商工課聞き取り調査


全国高校総体への開会式出席のため来県している皇太子殿下奉迎
16時45分から 第一委員会室
17時40分から 鳥羽国際ホテル玄関ロビー



2018/07/18
相差天王くじら祭りで大クジラの神輿舞う!
11日 議会運営委員会 10時から 第二委員会室


13日 国崎天王祭祭典 11時から 海士潜女神社


14日 相差天王くじら祭り 12時から相差漁港前広場
暑い中、大クジラの神輿、踊りと多彩なパレードを見せてくれました。お疲れさまでした。
写真

17日 本会議 10時から 本会議場
予算決算常任委員会(補正予算審議)


18日 丸幸水産社長中村昇 お別れ会 13時から
鳥羽国際ホテル

2018/07 /10
文教産業常任委員会で高山市と飛騨市を行政視察
3日 松尾なかよし四人の「パステル画展」を拝見しました。静物画や風景、花などの力作揃い。鯛も生きているようで、よかったですね。今後も長く続けて下さいね。
写真@ A

5日〜6日 文教産業常任委員会 行政視察

5日 高山市視察項目
・消費につなかる受け入れ整備について
・地域の価値を消費者に伝える機能強化について
・人つくり、場つくりについて
・新しい価値創造について
・訪日外国人のニースについて
・海外戦略部署について
・行政、企業、市民の連携について
・景観保全と観光の関係について
・課題と今後の取り組みについて

6日 飛騨市視察項目
・飛騨市の観光施策、戦略、展望等について
・飛騨ファンクラフについて
・映画「君の名は」について
・インハウントの取り組みについて
・訪日外国人のニースについて
・行政、企業、市民の連携について
・周辺市町村との連携について
・景観保全と観光の関係について
・職員の人材育成について
・課題と今後の取り組みについて

8日 第41回海の大掃除 9時から 佐田浜周辺


賢島ホテルベイガーデン グランドオープン
14時から 3階ホール
古くからの友人のホテルがオープンしました。
中国から獅子舞も開店のお祝いに駆けつけてくれていました。
写真B

国崎カラオケ祭り 18時から 国崎公民館


10日 国崎老人会清掃日 7時30分から 神社、鎧崎
例会日 11時から 国ア老人憩の家


2018/07/04
神宮司庁から「豊栄(とよさか)の舞」と「蘭陵王」の舞楽を奉納!海士潜女神社例大祭
23日 第47回鳥羽市消防ポンプ操法大会 9時から
松尾第二期工業団地
雨の中出場選手は非常にてきぱきと操作をして頑張っておられました。小型ポンプの部の優勝は菅島分団でした。おめでとうございます。
写真 @


26日 本会議(表決) 10時から 本会議場
終了後全員協議会
議題 市民体育館のサブアリーナ建設及び文化会館の方向について。


7月1日 海士潜女神社例大祭 10時から
神宮司庁奉賛部から舞姫と楽師が見えて「豊栄(とよさか)の舞」と「蘭陵王」の舞楽を奉納してくださいました。
写真A


青年会議所創立50周年記念式典 2時30分から
祝賀会5時から 戸田家
写真B


3日 広報広聴委員会 13時から 第二委員会室

2018/06/22
ホワイトボードを使った授業をみて議会にも取り入れられないか!  鏡浦小学校国語研究発表会にて
15日 議案質疑 10時から 本会議場


船津太陽光発電で調査活動ー


18日 船津太陽光発電建設問題で調査活動


19日 文教産業常任委員会 10時から 第二委員会室
船津、赤崎ハイツ、五丁目町内会から出されていた「太陽光発電の建設反対」の請願は全会一致で採択しました。


20日 予算決算常任会 10時から 第二委員会室
補正予算の審議


22日 鏡浦小学校国語研究発表会
公開授業13時30分から
全体会14時30分から
小規模学級が多い中、各学年でホワイトボードを使った授業を行って工夫して授業をしていた。
ホワイトボードを使った授業をみて議会にも取り入れられないかなあと思いました。
写真

2018/06/14
事業所の廃業で固定資産税の見直しは 税務課長 土地の特例措置があります
一般質問報告そのA
◎事業を辞めた店に固定資産税の軽減は

質問 鳥羽市の事業所数の推移については統計調査と経済センサスによると、平成11年に1842が平成28年には1291とマイナス551件(30%減)になっております。  宿泊業、飲食・サービス業は、平成11年は634あったのが、平成28年には339と七年間で295件、約半分になっています。
 宿泊施設は平成14年に244から平成29年には161と83軒(34%減)です。写真@
 事業を辞めた店に固定資産税の軽減になる制度はありますか

税務課長 廃業などにより土地が住宅用地と認定される場合は、その税の負担を軽減する特例措置が適用されます。
写真A
質問 土地はどうなるのか

税務課長 200u以下の小規模住宅用地の課税標準額は、価格の6分の1。200uを超える一般住宅用地は、価格の課税標準額は、価格の3分の1の額となります。

質問 家屋についてはどうか

税務課長 特例措置ではありませんが、店舗兼住宅の併用住宅から専用住宅に用途が変更されることにより税額が変わる場合もあります。

質問 固定資産税は所得税の自己申告納付と違い、一方的に1月1日現在の評価額で税金が賦課されてきています。また、その課税が間違いであったと判明すれば、地方税法第18条の3項によると、5年間にさかのぼり返還できるということになっています。市民に対しての広報はどう行なうのか。

税務課長 まずは窓口に相談に来てください。より解りやすく適正な課税に努めたい。

2018/06/13
密漁対策でモデル地区を決める考えは? 市長 集中的に対策を講じることは大変効果がある
6月12日 一般質問 本会議場 10時から
戸上議員 河村議員 井村議員 坂倉広子議員


13日 一般質問 10時から 本会議場
山本議員 世古登壇 木下議員


鳥羽市観光協会総会 16時から 懇親会 18時から
鳥羽国際ホテル

一般質問報告その@

◎鳥羽市の密漁対策について

質問 市内の密漁の現況は

農水商工課長 鳥羽海上保安部及び鳥羽警察署によると、過去3年間の摘発件数は、平成27年13件、28年8件、29年が33件でいずれもイセエビやマダイが対象魚種となっております。この数字は、氷山の一角であると考えます。
 
質問 これまでの対策は

農水商工課長 昨年3月に鳥羽市漁業と観光の連携促進協議会の中で提案され、「鳥羽市密漁対策協議会」が設置され取り組みを進めています。
 
質問 今後どのような計画、事業をやっていきますか。

農水商工課長 密漁防止に関する注意喚起のための看板の設置等を予定しています。 各報道機関で多く取り上げていただくことも、抑止力として大きく作用しています。

質問 看板に漁協、鳥羽海上保安部、鳥羽警察署の通報先の電話番号を書くと抑止効果になると思うが。

農水商工課長 その方向で検討を進めています。
 
質問 夜間の対策にドローンやICT技術の活用はできないか。

農水商工課長 鳥羽商船高等専門学校が共同開発している鳥羽市の獣害対策のシステムは遠隔監視、遠隔捕獲、録画映像確認等をスマートフォンやタブレット、パソコン等インターネット環境があれば容易にその対策ができるというものです。密漁監視におきましてもこの技術を応用できないか、鳥羽商船高等専門学校と協議をしていきたい。
 
質問 密漁の第一発見者は地元の人です。どのように密漁者に対応をするのか

農水商工課長 地元住民が密漁を発見された場合は、密漁者に安易に注意をしに行かず、まずは海上保安部や警察へ通報していただくことを優先すべきと考えます。
 
質問 モデル地区を決めて対策を集中的に行い、情報発信をすることが抑止効果になると考えますが。

市長 モデル地区について、集中的に対策を講じることは大変効果はあると思います。


2018/06/11
真珠議会で鏡浦小学校の児童が歌を披露!
6月1日 議会運営委員会 10時から 第一委員会室


終了後税務課、農水商工課一般質問打ち合わせ


4日 長岡地区青少年育成会総会 6時30分から
女性活動センター
講演会 「長岡地区の防災対策」講師三重大川口淳教授


6日 真珠議会 9時30分から 本会議場
鏡浦小学校の歌
本会議 付議案上程 10時から 本会議場


9日 国崎老人会清掃作業 8時から 神社、鎧崎


10日 国崎町内会草刈り及び清掃作業 8時から
国崎町内

年金者連盟鳥羽支部 総会と歌謡舞踊を見る会見る会11時から サン浦島


11日 神宮司庁国崎町来町 13時15分 から鎧崎


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- Topics Board -