只今活動中

 

議会が面白い♪只今活動中!

2016/9/28
にぎやかに国崎町敬老祝賀会が開催されました。
13日 一般質問2日目 10時から 本会議場
片岡直博、木下順一、野村保夫各議員

15日 議案質疑 10時から 本会議場
終了後全員協議会

19日 国崎町敬老祝賀会 11時から 神社祭典
12時から公民館  
写真@A

21日 予算決算常任委員会決算審査 1日目 9時から 第二委員会室

23日 予算決算常任委員会決算審査 2日目 9時から 第二委員会室

26日 予算決算常任委員会決算審査 3日目 9時から 第二委員会室

27日 予算決算常任委員会決算審査 4日目 9時から 第二委員会室
総括

28日 予算決算常任委員会 補正予算審査 10時から 第二委員会室

終了後 全員協議会 菅島採石説明

2016/9/12
「県立鳥羽高校の存続と今後の取り組みについて」「市独自の給付型奨学金の創設について」小中学生の遠距離通学費の補助について」一般質問しました。
10日 国崎老人会清掃奉仕作業 8時から

12日 一般質問1日目 10時から 本会議場
戸上健、坂倉紀男、世古安秀、河村孝各議員

私の一般質問通告事項

件名 鳥羽市を活性化するための県立鳥羽高校との連携について

県立鳥羽高校の存続が危惧されているが、鳥羽市の活性化には存続は欠かせない。これまでの活動と今後の取り組みについて問う。

@これまで鳥羽高校との連携をどのように図ってきたか。

A「伊勢志摩地域高等学校活性化推進協議会」ではどのような議論がされているのか。

B今後、市として鳥羽高校の存続を支援していく考えはあるか。



件名 鳥羽市独自の給付型奨学金の創設について

教育の機会均等、意欲と能力のある生徒や学生を伸ばすために、返済不要の給付型奨学金の創設について問う。

@現在行っている奨学金制度はどのようなものか。人数、金額等。

A県内市町での奨学金の創設状況は。

B鳥羽市独自の給付型奨学金制度を創設する考えは。



件名 小中学生の遠距離通学費の補助について

@遠距離通学補助制度の目的は。

A補助対象となっている児童生徒の人数と費用は。

B特別交付税で財源が措置されているか。金額は。

C現在距離によって50% 、85%補助となっているが、100パーセントの完全補助を行うためにはあとどれくらいの費用がいるのか。

D100パーセントの完全補助ができないか。


2016/9/9
離島に住み続ける子育て中の若いママさんたちを応援!!  答志島ママ&キッズサークル未来トーク鳥羽を開催しました。
2日 一般質問調査
市観光協会と議員との懇談会 13時30分から
商工会議所 写真@

6日 本会議(付議案上程) 10時から 本会議場
終了後 全員協議会
終了後 広報公聴委員会

7日 水産関係調査

8日 広報広聴委員会が答志島ママ&キッズサークル未来トーク鳥羽を開催しました。
10時から 答志コミュニティセンター

(参加しての感想) 

離島で生活する若いママさんが抱えている医療、定期船、経済、住宅、暮らしなどへの切実な思いをナマで聞くことができて大変よかった。答志の生活習慣はすぐには変わらないと思う。それが地域の絆の強さを保っている良さでもある。
さまざまな課題を解決していくためには、町内会、婦人会、PTAなどのサポートが必要ではないか。そしてママ世代のもう一つ上の世代に対して、意識改革への取り組みも重要であると感じた。
「よそ者、若者、ばか者が地域を変える」と言われるが、その地域を変えるパワーがここのママさんたちにはあり、すでに活動が始まっている。そして変わりかけている。
これからも離島に住み続ける子育て中の若いママさんたちの願いを少しでも叶えられるように、今回の「TOBA未来トーク」で出された意見を議会で議論し、提言としてまとめ応援できたらいいと思いました。




2016/9/1
高校生による鳥羽カフェが開催されました。
22日 教育関係請願打ち合わせ 10時から

25日 高校生鳥羽カフェ開催 写真@

26日 鳥羽志勢広域連合議員 松阪ゴミ処理場発電施設視察 12時から
写真A

30日 一般質問調査 鳥羽高校


31日 パールロード沿線協議会 13時30分から 第三委員会室

9月1日 議会運営委員会 10時から 第二委員会室

2016/8/17
国崎町の盆行事が行なわれました。
8月6日 国崎町内初盆灯籠立て 20時から

9日 広報広聴委員会 13時15分から 第二委員会室
終了後健康福祉課課長説明

13日 国崎町大施餓鬼会 11時から 常福寺

15日 国崎町笹念仏 17時30分から 老人憩の家前広場盆踊り22時から

16日 国崎町レーボー 8時から 墓ノリした
2016/7/26
とばぁばのあわびことえびりんがゲスト出演 国崎町カラオケ祭開催  
13日 自治体議員研修会13時30分から 津 三重県自治会館

講師 竹下譲氏 拓殖大学客員教授

「住民の代表としての議員の仕事は?」


14日 相差天王くじら祭り 11時30分から 相差漁港


22日 鳥羽みなとまつり花火大会 22時から 佐田浜港マリンターミナル


24日 国崎町カラオケ祭 18時から 国崎公民館

とばぁばのあわびことえびりんがゲストで出演。「we are theとばぁば」「鳥羽大好き音頭」を熱演し華を添えてくれました。


26日 石神さん女子マラソン実行委員会 19時から

女性活動センター




27日 市建設課打ち合わせ 13時から 議会事務局打ち合わせ







2016/7/12
「地方創生のヒントは離島にある! 隠岐國海士町からの挑戦」 議員研修会 海士町小坂真里栄さん講演 
11日 鳥羽市議会 議員研修会 10時〜 委員会室

 島根県海士町総務課 小坂真里栄さんに「地方創生のヒントは離島にある! 隠岐國海士町からの挑戦」と題して講演をしていただきました。

海士町を語るキーワードとして次の3つをあげてくれました。

@ギリギリの逆境から這い上がってきた"やればできる"島!

◎まちづくりの経緯

・守り 生き残るため大胆な行財政改革(給与カット)

・攻め 地域資源を生かした"ものづくり"(さざえカレー)

・教育の魅力かきし快晴の学校教育!島をフィールドっとした人づくり

A交流スパイラルが回り続ける"共感させて巻き込む"島!

◎移住者が多いのはなぜか?

・活躍できる場、チャレンジできる場があり受け入れる仕組みがある。

・自分が良くなり地域も良くなると言う街づくりへの当事者意識がある。

・おもてなしと直会など人とのつながり=地域力がある。

・地元民と移住者とが柔軟に協働し、共に推進力となる。

B 最後尾から、最先端になりうる"ないものはない"島!

◎何にも無くて何でもある。新しい価値観の提案

・本当の豊かさとは何か?

・超前向き! (あるものを生かす。知恵をしぼってなんとかする)

・自分たちらしく生きる。島民の誇り、地元愛

 また海士町の山内道雄町長とインターネットでライブで対話を行いました。


12日 国崎老人会 8時〜 清掃

講演 減塩食事について 市健康福祉課 10時〜

例会 11時〜




2016/07/10
伊勢神宮より舞を奉納 海士潜女神社 例大祭
29日 国崎町内会 市長要望 13時30分

7月1日 参議院議員選挙 山本さちこ候補

三ツ矢のりお衆議院議員 国崎来町 10時

応援しています。是非がんばって下さい。

国崎町海士潜女神社 例大祭 11時 

伊勢神宮より舞を奉納するため来ていただきました。

10日 参議院議員選挙 投開票

2016/06/28
議案第6号「菅島採石場の財産の処分について」本会議で否決!
6月25日 第45回鳥羽市消防ポンプ操法大会 9時 第二工業団地

小型ポンプの部で答志消防団が優勝。菅島消防団が準優勝しました。おめでとうございます。優勝した答志消防団は、7月16日に鈴鹿市で開催されます県大会に出場します。ご健闘をお祈りします。


27日 本会議 表決 10時 本会議場

(総務民生常任委員長報告より抜粋)

当委員会に付託されました案件は、
議案第2号 鳥羽市議会議員及び鳥羽市長の選挙における選挙運動用自動車の使用の公営に関する条例の一部改正について

議案第3号 鳥羽市議会議員及び鳥羽市長の選挙における選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例の一部改正について

議案第4号 鳥羽市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例等の一部改正について
 
議案第6号 財産の処分について

の4件であります。

慎重審査の結果、付託されました議案第2号から第4号については、全会一致で原案どおり可決し、議案第6号は賛成少数により否決となりました。

 これより、審査の過程における質疑、意見の主なものについて申しあげます。

議案第2号から議案第4号の各議案については、上位法の改正による条例改正であることから、概ね理解を示すものでありました。

議案第6号 財産の処分については、審査を進める過程で、各委員から平成26年に契約締結したのにもかかわらず、1年余り経過した段階で、なぜ事業者からこのような変更要望がでるのかなどの問いや、他の質問に対しても、執行部からの納得ができる十分な説明は得られませんでした。
また、当該議案の提出の起因となる事業者からの要望書が、昨年12月に提出されていながら、議案として提出されたのが今回6月議会当初議案ではなく、開会後の追加議案として上程されました。
議案上程が当初上程ではなく、追加上程とした明確な説明や上程に至る経過の説明を求めましたが、これも納得できるものではありませんでした。
これらを踏まえ、議員間討議を行いましたが、すぐさま採決を求める意見や審査の継続を求める意見もあり、委員会内の意見が分かれている中で採決をはかったところ、可否同数でありました。
委員会条例の規定により、委員長が裁決することになり、積極的に賛成するものが半数を超えていないことから、否決としました。

以上が当委員会における審査の経過並びに結果であります。


本会議で議案第6号 財産の処分についての採決では賛成5、反対8(議長を除く)で否決されました。 

終了後広報広聴委員会






2016/06/23
おめでとうございます!元気で鳥羽市の文化活動に活躍を!川村光コ先生「瑞宝双光章受賞祝賀会」開かれました。
17日 川村光コ先生瑞宝双光章受賞祝賀会 18時から

鳥羽国際ホテル

このたび春の叙勲で川村光コ先生が「瑞宝双光章」を受賞さ

れました。誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げ

ます。

教育関係者をはじめ80名余りの方々がお祝にかけつました。

川村先生には国崎小学校で6年生の担任をしていただきまし

た。児童数8人の少人数でしたが、勉強をがんばると褒めら

れ、宿題を忘れたりすると教科書で頭をたたかれ怒られまし

た。厳しさと深い愛情で育てていただきました。そのお陰で今

の私があると思っています。

先生は学校以外でも地域のいろんな行事に参加されていまし

た。中でも青年団主催の演芸会では、当時のテレビドラマでは

やっていた「てなもんや三度笠」の劇を演じました。先生は顔

が長かったので藤田まこと役で、私は白木みのるの珍念役で共

演をしました。その記憶は今も鮮明に残っています。

川村先生には今後ともお元気で鳥羽市の文化活動に活躍して

いただきたいと願っています。


21日 予算決算常任委員会 (補正予算) 10時から

第二委員会室


同日 鳥羽市観光協会 懇親会 18時から 戸田家

100名が出席

会長に吉川勝也氏が再任されました。










< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >

- Topics Board -